NEWS

SAICOBAB 出演決定!

日本屈指のシタール奏者ヨシダダイキチが日本屈指のタブラ奏者U-zhaanとBOREDOMS、OOIOOでも活躍するYOSHIMIをボーカルに誘い、99年頃から活動開始。
演奏する場所、方位、その日の暦、天候、集う人々、磁場、時間に影響を受ける器となる演奏者の実験的な即興演奏。
インド古典や現代音楽、アンビエントを通過した地点の音色を響かせ、01年1月1日に行われた伝説のパーティー“eep”でのライブ盤『live eep』を始め、これまでに5枚のアルバムを発表。
U-zhaanがインドへ行き来し始めると、元BOREDOMSのドラマーATRや現BOREDOMSのドラムマスターYO2RO、時にはパーカッショニストの山北健一を迎えたり、BABaよりさらに実験的な指向性を持つダイキチとYOSHIMIのデュオによるSAICOBABがはじまったり。
BAB名義では「奇跡の演奏」と絶賛された、01年11月に青山CAYで行われた“OVA”でのライブを収録した『Live in OVA at Aoyama cay』をリリース。
08年からはこのデュオにジム・オルークが参加している。

曰く、「SAICOBABa(サイコババ)は最古の婆さんのバンドで満月に演奏され、SAICOBAB(サイコバブ)は最古の赤ちゃんのバンドで新月に演奏される」
YOSHIMIは最古の婆さんであり最古の赤ちゃんでもあるようで、ライブを体験すると納得できる。
4/24は満月ではないが、SAICOBABaは久しぶりにVACANTでライブをする。
YOSHIMIのデザインする洋服ブランド、エメラルドサーティーンの展示会がVACANTで4/23-26に行われてるからだ(笑)
また、この日は久しぶりにU-zhaanが戻ってくる。
完全インプロヴィゼーションとは思えない、しかし即興だからこそ到達できる絶妙なタイミングと間で繰り広げられるピュアな音楽は、生命のスープのなかをゆらゆらと漂う安心感と、
その日その時間にならないと何が出てくるかわからない、即興ならではの醍醐味を味わえるだろう。