LINE UP

aMadoo

90年代後半、タブラ奏者の広本雄次とディジュリドゥ、パーカッション奏者のSHINOBUが旅先のバンコクで出会い、日本で再会し’04年にaMadooを結成。その後、伊藤文 (Warr Guitar)、HAL (Turntable)、KND (Electronics) 、COVO (Trumpet / Flugelhorn)、DAI (Bass)、牧瀬敏 (Darbuka)が加入し、他に類を見ない楽器構成とそれぞれの豊かな音楽性、バックグラウンドを融合させ、様々な環境でライブ/セッションを行ってきた。『4 Season Compilation』(JetSet)、『The latest rooter session』(Esfista Music)に楽曲参加、『TayuTau』(Battering Ram)、『Abstract Ital Rhythm』(aMadoo)、『Matsunoo Grand Shrine ROUMON LIVE』(Somehow Recordings/UK)をリリースしている。